本文へスキップ

公益社団法人 日本カーリング協会 公式ホームページ

カーリングについて ABOUT A CURLING

カーリングというと、ストーンの前を掃くようなしぐさを思い浮かべる方が多いと思います。確かに、古くは屋外での競技だったため、ストーンの前のゴミ等を取り除く目的だったこともあり、ほうきのような道具を使って掃くような動作をしていた時代もあります。

しかし、現在のように室内競技になってからは、スイ−プ(掃くような行為)は、ストーンをコントロールすることが主な目的になっています。

スイーピングに用いるデッキブラシのような形状の道具を、ブラシと呼びます。
 柄の部分は、グラスファイバーのような、強くて軽い素材でできています。より軽く扱いやすくするために、最近ではカーボン素材のもの出回り始めました。氷と接触するブラシのヘッドは、ナイロンのような合成繊維か、豚か馬の毛などで作られていて、この部分で氷面をゴシゴシこすります。
最近まで、コーンブルームやリンクラットという「ほうき」が使われていました。そのなごりか、現在でもブラシをかける動作は、ブラッシングと呼ばず、スイーピング(はく)と呼ばれています。古くなったり傷ついたりしたブラシは、アイスの表面にゴミを落としてアイスを傷つけることや、ミスショットの原因になりますので注意が必要です。


    


■スイープの効果
スイープは、ストーンの通過する前のアイスを溶かすことによって、ストーンの距離を伸ばしたり、直進性を高めたり、カールを始めたストーンをより曲げたりといったように、ストーンのコントロールをすることが目的です。
■スイープの効果A
カーリングリンクでは、試合前に氷の上にジョゥロのような器具で、水(ぬるま湯)を撒き、氷の上にぺブルと呼ばれる氷の粒を作ります。ストーンはエッジの部分しか氷上のぺブルに触れていないのでスイープすることにより、そのぺブルの表面をわずかに溶かすことになり、ストーンのすべりが良くなり、コントロールができることになります。

★40メートルのシートを全力でスイープしますので、スキップ以外の人が1試合でスイープする距離は2000メートル近くになります。

■価格 
安いものは3000円〜5000円 
最新のカーボンファイバーのものは20000円近いものもあります。