本文へスキップ

公益社団法人 日本カーリング協会 公式ホームページ

カーリングについて ABOUT A CURLING

カーリングシューズ 用具について-1 用具について-2 用具について-3
 チーム構成について カーリングの歴史 カーリングシート カーリングが出来る施設
mixダブルスについて
車椅子カーリング 得点の数え方 

車椅子カーリング

■日本における車椅子カーリングの歴史と現状
 車椅子で楽しめるカーリングがあります。競技方法は、スイーピングがないなど、健常者のカーリングとは少し異なりますが、配置を考えながらストーンをはじき出したりする面白さは、同じように味わうことができます。
 2004年1月に、第1回世界車椅子カーリング選手権をスイスで開催、同年11月に第1回日本車椅子カーリング選手権を開催しました。
2004年3月  ・ミックスオープンで体験
・第1回日本車椅子カーリング選手権大会(カーリングホールみよた)
2004年11月23日 参加2チーム 優勝 信州チェア 2位埼玉チェア
2005年1月 ・2005世界車椅子カーリング選手権大会出場(スコットランド グラスゴー)
・第2回日本車椅子カーリング選手権大会(カーリングホールみよた)
2006年4月1日-2日 参加3チーム 優勝 信州チェア  2位埼玉チェア 3位山梨チェア
2006年11月  ・2007世界選手権大会 トライアル出場 (スコットランド グラスゴー) 
・9ヶ国中、上位2チームに与えられる出場権を獲得
2007年2月 2007世界車椅子カーリング選手権大会出場予定(スウェーデン ソレフテオ)
 2007年3月31-4/1日 ・第3回日本車椅子カーリング選手権大会(カーリングホールみよた)参加5チームの予定
・北海道 常呂町でチームが結成されたという報告あり。

■世界車椅子カーリング選手権大会 競技規則
1.各ゲームは、両チームが同点の場合のエキストラエンドを除き、6エンドとする。

2.各選手はホッグライン前でストーンを離さなければならない。
ストーンはホッグライン近くに到達する前に、手又はステッキからはっきり離れていなければならない。デリバリーする選手の足はデリバリーの間は氷の表面に触れてはならない。

3.スイーピングは許されない。

4.全ての選手は、車椅子の制止位置からストーンを離さないといけない。車椅子静止位置は、ストーンがセンターラインからデリバリー出来るようにする。
デリバリー中、車椅子の車は直接氷に接していなければならない。

5.全てのチームは男女混成とする。競技開始時では4名構成とする。各選手は2ヶのストーンを使用し、相手チーム選手と交互に投げる。選手登録5名の場合、5名選手は同等の立場であり、競技規則に従いスキップまたはコーチの申告により、いつでも競技に参加出来る。
WCF車椅子選手権大会では、いつでもオンアイスチームは男女混成である事。

6.ストーンのデリバリーは、通常のアーム/ハンドリリースによるか、またはデリバリーステッキによって行う。

7.車椅子カーリング競技者は次の個人に制限される。下肢に重大な障害が有る者、すなわち、脊髄損傷、脳性麻痺、多発性硬化症、両足切断等があり、日常車椅子を必要とする者でなければならない。より正確に言えば、歩行困難か又は極僅かな距離しか歩けない者に限られる。
最小限障害決定とそれに基づくクラス分けは、国際スポーツクラシファイヤー有資格者が行うものとする。更にWCF競技規則が適用される。